スタートアップで働くなら聴いておきたい日本語ラップまとめ

スタートアップで働くなら聴いておきたい日本語ラップまとめ


何を隠そう、私は日本語ラップが大好きです。

服装がアレだとか、ダジャレだとか、色々言われる日本語ラップですが、とにかく歌詞がアツい。想いがアツい。

スタートアップという過酷な環境で日々サバイブする人には、日本語ラップは持ってこいだと思います。

「HARD THINGS 答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか」の著者ベン・ホロウィッツもヒップホップに対する想いを著作の中で次の様に書いています。


「私はこれまでの人生を通じて家族、友人、助言者、そしてヒップホップ・ミュージックに助けられてきた。

ヒップホップのアーティストたちはミュージシャンであると同時に、起業家としての成功を目指してきた。

彼らの多くは自らを起業家と考えている。

だからヒップホップ・ミュージックのテーマには、競争すること、金を儲けること、誤解されることが繰り返し現れる。

その中に、本当に困難でつらいことに対する深い洞察が含まれている。」


そんな訳で、スタートアップで働くなら、是非聴いてほしい日本語ラップをまとめてみました。

スタートアップのみならず、日々チャレンジするビジネスマン、早くも心が折れそう担っている新卒の方などにも是非聴いて欲しいと思います。

 

RHYMESTER「K.U.F.U」

まずはメジャーどころのライムスターから。

曲名は「K.U.F.U(工夫)」。

スタートアップでもビジネスでも、毎日のちょっとした改善が大きな差になります。

「そうか、俺は天才じゃないんだ 逆に俺にゃ限界は無いんだ。」っていうところがグッと来ます。

 

RHYMESTER「The Choice Is Yours」

2曲目もライムスターです。

ビジネスは決断の連続。

全てを把握出来ない状況で、意思決定をしなくてはいけないことが山ほど起こります。

「選ぶのはキミだ 決めるのはキミだ 考えるのはキミだ 他の誰でもないんだ」

っていう歌詞がグッときます。

 

RHYMESTER「It’s A New Day」

嫌なことがあっても、毎日頑張ろうっていう気にさせてくれる曲です。

 

RHYMESTER「ゆめのしま」

人生夢見てナンボ。

スタートアップも夢見てナンボ。

 

RHYMESTER「ONCE AGAIN」

歌詞がアツすぎて涙無しには聴けません。

「誰のせいにも出来ねえし、したくねえ
夢 別名 呪いで 胸が痛くて
目さませって正論 耳が痛くて
いい歳こいて 先行きは未確定
きっと映画や漫画の見過ぎ
甘い言葉ききすぎで時間のみ過ぎ
くじけなさは異常 ほとんどビョーキ」

 

ANARCHY「RIGHT HERE」

仲間と一緒に頑張ってきた道のりを想う名曲。

何回聴いたか分かりません。

 

ANARCHY「GROWTH」

どんな思いもバネに勝ち上がろう、と思える名曲です。

 

NORIKIYO「アウトレットブルース」

スタートアップは蛇の道。

そんな中でも頑張っていきましょう、っていう気持ちにさせてくれます。

 

NORIKIYO「秘密」

ビジネスは綺麗ごとだけじゃ成立しない。

清濁併せ持つ強さをくれる曲です。

 

遊戯 「StandUp!!!」

クタクタになった時に聴きたい名曲です。

 

BOMBRUSH! 「STAY STRONG」

チームメンバーが意気消沈していても、一人気を張らなくてはいけない時もありますよね。

 

韻踏合組合「前人未到」

スタートアップの醍醐味は、今まで誰もやったことがない事、誰も知らないサービスを実現すること。

そんな時、聴きたい曲です。

 

Zeebra「Street Dreams」

掛け値なしにカッコいいZeebraの名曲。アツい想いが伝わってきます。

 

まとめ

日本語ラップの名曲、いかがでしたでしょうか。

喰わず嫌いは勿体なさすぎるJラップ。

少しでも興味を持ってもらえたら嬉しいです。

ハウスマートでは最高の仲間を募集しています!興味があれば是非、ご応募ください!!