優秀な営業マンほどスタートアップに入らないともったいない理由

優秀な営業マンほどスタートアップに入らないともったいない理由


私はもともと楽天という、いわゆる「大企業」で営業マンをやっていました。

その中で様々なサービス・商材を売ることに楽しみを覚えていましたが、スタートアップを作ってからというもの、優秀な営業マンほどスタートアップに入るべきだ、と実感するようになりました。

大企業の中での営業マンのミッションは、当然「売上を作る」こと。

より多くの売上を作ることが至上命題です。

大企業ではサービスや販売プロセスがある程度完成しているので、「良い営業マン」とは効率的に動くことが出来、より売上を上げる事が出来る営業マンということになります。

一方でスタートアップの場合は、まだサービス自体が未成熟なことが多く、営業フロー自体も確立していません。

ゆえに「顧客のニーズをつかみ、サービスを変えていく」という部分に、営業マン自身が携わることが出来るのです。

言うなれば「事業開発」に営業マンが自身が積極的に関わることが出来るということです。

営業マンはビジネスの最前線で、顧客と接する大事な仕事です。

本来であれば、顧客のニーズを一番知ることが出来るでき、サービス設計・商品開発にその知見を活かすことが出来るポジションです。

しかし仕組みが出来上がっている大企業ですと、なかなか現場の声が届きにくいというジレンマがあります。

売上を作るというのは営業マンの大きな役割ですが、スタートアップであれば「顧客のニーズをつかみ、サービス自体を変えていく」という部分に、営業マン自身が携わることが出来るのです。

ハウスマートではサービス設計にも関わりたい営業マンを募集しています!是非、こちらから詳細をご覧ください