あなたにとって「仕事」とは何か?

あなたにとって「仕事」とは何か?


LINEの田端さんがオススメしていたのをきっかけに最近読んだ、アメリカの著名コンサル・トムピーターズ著作「ブランド人になれ」に面白いことが書いてあった。

誰にも頼らず自分一人の力で生きていける人のことを「ブランド人」と呼び、その特徴は仕事をどう捉えるか、という点に現れる。

これは、ベンチャーで奮闘するメンバーにも言えることだと思う。

以下、面白いと思った特徴を抜粋する。

それぞれ上がブランド人、下が今までの社会人の特徴だ。


人びとの記憶に長く残る仕事をする(すごい仕事でなければ「すごい仕事」にする。なにがなんでも)。

VS

やれと言われたことだけをやる。


日々、切磋琢磨し達人を目指す。

VS

書類とにらめっこして、時間をつぶす。


このプロジエクトを選んだのは、新しいことを勉強できるから。自分の限界に挑戦出来るから。カッコいい人たちと付き合えるから。

VS

これをやるように部長に言われたんです。もう、うんざり。


カッコいい仕事に変えられるなら、つまらない仕事に喜んで飛びつく。

VS

面倒な仕事を俺に押しつけないでくれ。


ブロジエクトこそ、私のすべて。そのポートフォリオが生きている証。

VS

顏だけは出す。あとは黙って見ている。


すごい、きれい、気品、革命、衝撃という言葉が好き。

VS

いつもサボることだけを考えている。


お客さんのために生きる。

VS

今、担当者はいません。


楽しくなければ仕事じゃない。

VS

仕事はつまらんものさ。


毎日、布団をはねのけて飛び起きる。

VS

夜が明けるたびに年を取る。朝が憂鬱。


正しいと思うことは粘り強く主張する。

VS

波風を立てるな。


すぐに変われない自分に腹が立つ。

VS

人生なんてそんなものさ。


チャンスさえあれば、大冒険をやりたい。

VS

既得権にしがみついて生きる。


一に行動、二に行動。
VS
メモさえ取っておけばいい。


すったもんだがあるから人生は楽しい。
VS
ごたごたはもうたくさん。


「今、担当者はいません。」「朝が憂鬱。」などはかなり共感出来る。

会社勤めをしていたとき、正直、日曜日の夜が憂鬱になることが度々あった。

ベンチャーを始めてから、顧客の問い合わせは死ぬほど待ち遠しいし、日曜日の夜どころか曜日の感覚は完全にすっとんでしまった

ずっとずっと、仕事の事で夢中だからだ。

ハウスマートでは仕事が大好きな人を募集しています!是非、こちらから詳細をご覧ください!