吐き気をもよおすほど数字に向き合い続けられるか

吐き気をもよおすほど数字に向き合い続けられるか


数字というのは物凄く正直なものだ。

会員登録数が少なければ、サービスの訴求の仕方が悪い。

問い合わせの数が少なければ、サービスの品質が悪い。

売上が悪ければ、営業マンの対応が満足とは程遠いということだ。

その事実と、どれだけ正面から向き合い続けられるかが大事だ。

数字の前には

  • どんなに考えたか
  • 個々人の事情
  • ロジック
  • 誰かの意見
  • 著名人の意見
  • 過去の成功事例
  • 費やした時間
  • 投入したお金
  • 幾晩の徹夜
  • 思い入れ

などは、一切関係ない。

 

単純に数字が悪ければ、自分達のサービスが「お宅のサービスなんか、いらないよ」と顧客に言われているのだ。

振り返ってみると、私自身も一営業として仕事をしていた時も、売上が悪い時は自らの営業手法、トーク内容、事前準備、提案内容に何かしら問題があり、その修正をすると、また売上が回復した。

もちろん、幾らでも言い訳は出来る。

「季節が悪い」
「今は投資の時期」
「業界が悪い」
「ウチには◯◯がない」

でも、いくら言い訳をしても、何も事態は好転しない。

目の前の現実に、どれだけ目を背けずに目を向け続けられるか。

どれだけ、歯を喰い縛って、数字と真剣勝負が出来るか。

誰しも、自分には負けるが、自分には勝てる。

 

ハウスマートでは数値と向かい合うのが大好きな仲間を募集しています!是非、こちらから詳細をご覧ください!!