感情を味わい尽くして死ぬ為にやるべきこと

感情を味わい尽くして死ぬ為にやるべきこと


何の為に生きるか?

この答えは人それぞれだし、タイミングによっても違うし、正解なんてないものだと思う。

しかし僕の場合は「様々な感情を味わう為」という側面がある。

人はどんどん感情を感じなくなっていく

年末になると「今年もあっという間に終わりましたね」「時間が経つのは早いですね。」という会話が何十回と繰り返される。

年を取るにつれて、その会話は増えていく気がするが(少なくとも小学生の時には絶対に言わなかった)、その1つの要因は「感情の起伏が少ないから」だと思う。

様々な経験をするにつれ、人は「慣れ」、感情の色彩がなくなっていく。

中学生の頃はあんなに嬉しかったこと、ドキドキしたこと、胸が焼きつくようなこと、涙が出るほど悔しいことも、今では普通になってしまった。

慣れてくると先が予想でき、執着や感情の起伏が少なくなっていくのは、しょうがないことだと思う。

新しい体験、新しい境地に出会い続ける為に

しかし「大人だからこそ」味わえる経験、味わえる感情も確実に存在する。今の立場だからこそ、出会える境地がある。

ちょうど1年前、うちの会社で人材募集を始めた頃、どうしても来て欲しい人材がいた。

それまでも草ベンチャーでずっと手伝ってくれていたし、彼がいなくては事業は絶対に成り立たない逸材だった。

彼と一緒に、何が何でも、働きたかった。

そんな思いが通じ、彼は正式にハウスマートにジョインしてくれた。

そして彼と一緒に会社から帰る道、別れ際に「それでは、また明日。」と言われた。

「それでは、また明日。」

なんて素敵な言葉だろうか。

この言葉に、こんな感情を抱くなんて。

思わず、泣きそうになってしまった。

まだまだ道は、半ば

それからメンバーは増え、日々、私より遥かに優秀なメンバーがハウスマートに集結してくれている。

「カウル」は完成には道遠く、1歩ずつ前に進んでいる状態。

まだ味わったことのない感情を味わいつくす為、毎日を全力で生きていきたいと思う。

ハウスマートでは最高の仲間を募集しています!興味があれば是非、ご応募ください!!