アウトプットが全て

アウトプットが全て


ビジネスは、アウトプットが全てです。

アウトプットを出すために、観察し、考え、調べ、議論し、フィードバックをもらいます。

観察し、考え、調べ、議論し、フィードバックをもらうのは仕事の一部ですが、それらは全てアウトプットを出す為のものです。

アウトプットがあるからこそ、事業にプラスのインパクトがあり、最終的に顧客から喜ばれ、利益が生まれます。

アウトプットには、とてつもなく有効なものもあれば、ある程度有効なもの、あまり有効でないものもあります。

ビジネスは、どれだけ有効なアウトプットを短期間で出せるかによって勝負が決まります。

他の会社、他のサービスはどんどん優れたアウトプットを出してきます。

今日、どんなアウトプットを出すことが出来たのか。

明日、もっと有効なアウトプットを出すためにはどうすればいいのか。

それを毎日考え、トライアンドエラーを繰り返す必要があります。

 

スキルや経験はアウトプットを出すためのもの

スキルや経験は、それ自体に永久的に価値があるとは言い切れません。

乗馬のスキルとExcelのスキル、どちらに価値が永久的にあるかは、言い切れないのです。

あくまでも、そのスキルや経験によって、事業にどんな「効果的なプラスの影響」を「今この瞬間出すことが出来るか」が大事になります

もちろん、スキルや経験とアウトプットは強い関連性があります。

アウトプットを意識したスキル習得や経験は、短期間で自分のものとなるでしょう。

逆に経験やスキルがあっても、アウトプットを意識しないとパフォーマンスは下がり、経験やスキルも劣化してしまいます。

 

アウトプットで評価する

サービスはサービスの内容=アウトプットで評価されます。

ビジネスも、アウトプットで評価されます。

それゆえ、人事評価でも、1番大事なのは「大きなインパクトをもらたすアウトプットを、どれだけの量出すことが出来たか」です。

アウトプットは1つでは足りません。

質も量も必要ですし、大事なのは総合的なインパクトです。

 

日々仕事をしていると、観察し、考え、調べ、議論し、フィードバックをもらうことで満足してしまいがちですが、1番重要なのは顧客に喜んでもらえるようになるアウトプットを出せるかどうか。

大きなインパクトをもらたすアウトプットを、どれだけの量出すことが出来るかが、何においても1番重要です。